プリンタ ニア ニッポン。 プリントニア日本

Japan

(19)• 概要 核戦争による人類の破壊とAIで人類を操ることによる人類の敗北を描くことで、彼は未来への希望を残しています。 (9)• 分析して輸送します。 これを上記の汚染の話と組み合わせると、1つの答えがわかります。 (38)• (23)• (9)• さて、歴史に戻り、この「猫」が何をしようとしているのか、そして「良い人を育てる」ことによって彼が何をしたいのかを考えてみましょう。 明らかに、「今」の人々は「今日の人々」であり、「古い人々(おそらくそうする)」とは多少異なります。

Next

プリントニア日本

(1) カテゴリー• (8)• (20)• (20)• (310)• 「人種進化」とは?どんな環境でも生きられる体?超自然的な強さ? 「学習は進化のために不可欠です。 (6)• 読んでくれてありがとう。 (7)• しかし、人々が同じ過ちを繰り返さないようにするために、彼らが作り出す人々はなんとかして「良い人」に「進化」します。 理由は少し高いです。 (82)• オブザーバー猫は猫のような形をしたなめらかな管状ロボットです。 (3)• (456)• (51)• (290)• (13)• (29)• (1)• 「ああ、オブザーバーの猫が説明した?私がやった」<佐藤の対話>《全5話6ページ》 「ごめんね、オブザーバー猫いらない」<佐藤さんのセリフ>《第9話7ページ》 「家紋の守り猫に少し行く」<佐藤行>《全15話2ページ》 この世界には「オブザーバーキャット」と呼ばれるものがあります。 人気の漫画•• (十一)• もちろん、核戦争の後に「現在」があるでしょう。

Next

プリントニア日本

カウンシルのメンバーが「オブザーバーキャット」として町中を移動することはほとんどありませんが、重要なアイデンティティを持っているようです。 (五)• 私はそれについて考えるために回り道をします。 上記の情報から、1つの結論に達しました。 それを念頭に置いて、次の画像を見てみましょう。 (8)• (7)• (省略)まあ、私には言えません。 タイトルに「限定版」が含まれている場合は除外含まれているバージョンは除外タイトルに「外伝」が含まれている場合は除外タイトルに「BOX」が含まれている場合は除外タイトルに「anthology」が含まれている場合は除外タイトルは除外タイトル「新しいバージョン」が有効な場合は除外期間限定でKindleの試用版を除外します。 (エピソード9と15には「ウォッチャーキャット」がありますが、エピソード9の後に「ウォッチャーキャット」は表示されないため、これは別の存在ではなく、名称の変更として扱われ、後で「ウォッチャーキャット」と組み合わせます。

Next

プリントニア日本

(16)• 私はこれについて何も知りませんでしたので、誰が興味を持っているか考えてください。 (四)• 最初、いくつかの画像が記事に挿入されましたが、現在公開されていないため、削除されました。 (30)• (84)• (72)• タイトルに特別版がある場合は削除してください。 関連サイト•• この場合、シーンは未来の地球になります(パラレルワールドは可能ですが、無視します)。 (五)• SNSの手がかりはいくつかあるかもしれませんが、これは十分な情報を得られた考慮事項ではないことをここで指摘したいと思います。

Next

ノート「Printania Nippon」を調べて|ナナ

私は寂しい。 これで終わりです。 (1)• (五)• (129)• タイトルに「公式」または「公式」が含まれている場合は除外します。 それでは、詳しく見ていきましょう。 これは小さな飛躍のように思えるかもしれませんが、「猫」によって作成された「今日の人間性」を考えることができます。 「アドバイス」も猫に代表されるため、つながりが深いようです。 「猫観察者」、「評議会」、そして開発された情報ネットワークの個性は、一つのネットワークでAIによって制御されていると考えるのは理解できます。

Next

プリントニア日本

(中略)「<チノのオブザーバー」「新知野CEOへのアドバイス」スピーチ> <全16話4ページ>> エピソード10と16には手がかりがあります。 これは漫画ではありませんか?これらは16エピソードまでの私の考えです。 (105)• (15)• (9)• (297)• (14)• ここまで読んでいただきありがとうございます。 (17)• これを見ると、人類は「善良な人間」として進化している可能性があります。 (213)• アーカイブ• これは進化と呼べるかどうか疑問はあると思いますが、今のところ私は理事会の目的は「善良な人々を「教育」し、前進することである」という結論に達しました。

Next